既製のぼりを激安価格で入手する方法

   

近くにのぼりを売っているお店がある場合には、店舗で既製品を購入するのが最速の方法です。のぼりは専門店だけでなく、ホームセンターなどでも売っています。定番デザインしか選べないことが多いですが、買ってすぐに使うことができます。他店とデザインが被る可能性が高い点については理解しておきましょう。
のぼりを使うまで数日間の余裕があるなら、ネットショップで購入することもできます。豊富なデザイン、サイズの中から選べるので、店舗購入に比べ理想に近いのぼりが見つかる可能性が高いです。価格も安く設定されていることが多く、激安価格を掲げるショップも少なくありません。同じ価格で社名入れやセミオーダーができることもあるでしょう。のぼり選びで後悔しないためには、早めの行動を心がけることが大切です。

業者選びのポイント

業者を選ぶときには、まず最初に品揃えを確認しましょう。既製品のデザインはもちろん、サイズや社名入れ、セミオーダーに対応しているかどうかもチェックしておきます。ひとつのショップだけを見て決めるのではなく、数社を比較したうえで決めることがポイントです。
価格を比較するときには、送料を含めた金額で比較する必要があります。一定金額以上購入した場合には送料無料になるショップや、送料が全国一律のところを選ぶことがおすすめです。
ショップの中には、前払いが必要なところもあります。支払方法についても事前に確認しておくことが大切です。カード払いができるかどうか、代引き手数料や振込手数料の負担などは意外な盲点です。思ったより高くついた、などと言うことのないよう、商品ページだけでなく、利用ガイドなどもしっかりチェックしておくことも重要なポイントになります。

のぼりを立てるときに必要なこと

のぼりを立てる場合には、必ず目的があるはずです。フルオーダーの場合はもちろん、既製品ののぼりであっても立てるためには費用がかかっています。期待通りの効果が得られているかどうか、確認する方法についても考えておく必要があります。
社名や商品名をアピールしたいときなどは、効果の測定が難しいかもしれません。キャンペーンなど、もっと多くの人に来てもらいたいと言う目的の場合には、のぼりを立てた前と後で来店者数を比較することで、効果を測定することができるでしょう。思い通りの効果が上がっていない場合には、デザインや設置場所などを工夫する必要があります。立てて終わりではなく、次に活かす視点を持つことが大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

既製のぼりを設置するために必要なパーツとは

既製のぼりを立てるためには、最低限、竿と立て台が必要です。初めてのぼりを立てる場合には、設置するために必要な竿と立て台も一緒に購入するようにしましょう。風が強い場合に備えて、転倒や巻き上がりを防止する...

来場促進の最強アイテム!既製のぼり

お店に人を呼び込みたいとき、のぼりは看板以上に効果的なアイテムです。まず第一に、店先にのぼりを立てることで、お店の存在をアピールできます。立地条件がよくない場合でも、のぼりを立てることで気づいてもらい...

既製のぼりを激安価格で入手する方法

近くにのぼりを売っているお店がある場合には、店舗で既製品を購入するのが最速の方法です。のぼりは専門店だけでなく、ホームセンターなどでも売っています。定番デザインしか選べないことが多いですが、買ってすぐ...

社名を入れて使える既製のぼり

豊富なデザインの中からお気に入りののぼりを見つけても、残念ながら既製品には社名は入っていません。しかし、既製品の中には社名などを入れられるものもあります。のぼりの下の方に白くスペースの空いたものは、社...