既製のぼりで集客効果を上げるために必要なこととは

   

企業やお店、商品の宣伝やキャンペーンの告知など、普段の生活でものぼりを目にする機会は多いものです。のぼりは戦国時代に敵味方を区別するために使われたのが始まりで、日本独自の文化だと言われています。その伝統は今も受け継がれ、現在では神社の祭礼や大相撲などの伝統的な行事から販促活動まで、幅広い用途に活用されています。
縦書き文化の日本では、縦長で文字が入れやすいことも、広く使われるようになった理由のひとつだと考えられています。持ち運びや設置が簡単で屋内外を問わず使えることや、入り乱れた敵味方を判別できるアピール力の高さも宣伝アイテムとしての重要なポイントです。
歴史的にさまざまな用途で使われてきたことから、のぼりは既製品も充実しています。すぐに使いたい場合には既製品を利用するのもひとつの方法です。

のぼりの種類

販促に使用するのぼりは、制作方法によって、フルオーダー、セミオーダー、既製品の3つにわけることができます。
フルオーダーとは、オリジナルデザインで一から作成する方法で、費用は高めですが、世界でひとつしかないのぼりが作れます。デザイン作成や印刷に時間がかかるため、早めに準備するようにしましょう。
セミオーダーとは、提供されたデザインや色を選んで作製する方法で、セミオリジナルデザインと呼んでいるショップもあります。既製品に比べ自由度が高く、自分でデザインする必要がないため手軽なことも魅力です。
大きさについては、通常サイズと呼ばれる600ミリ×1800ミリのものをはじめ、スリムサイズと呼ばれる450ミリ×1800ミリ、高さが2メートルを超える大型サイズ、高さ30センチ前後のミニサイズなどがあります。コンパクトなミニサイズは、商品の近くに置いてアピールするときに便利です。通常サイズやスリムサイズとミニサイズを併用するのもよいでしょう。既製品は通常サイズのことが多いようです。

既製のぼりを使うメリット

フルオーダーやセミオーダーと異なり、既製品はすでに製品が完成しているので、注文すれば短期間で手に入れることができます。当日発送に対応しているショップもあるので、急いでいる場合には相談してみることをおすすめします。
現在では既製品も非常に種類が豊富で、選ぶのに迷うほどです。オリジナルデザインののぼりを1本立てるよりも、既製品を並べる方がインパクトがあります。1枚数百円から購入できるので、検討してみましょう。

より安く・より速く・より美しくがモットーの、通信販売方式のインクジェット出力サービスです。 カラー再現技術は無料配布の出力サンプルでご確認いただけます。 当日発送の特急印刷サービスは通常料金より25%アップです。 効率第一の自社一貫制作なので、お急ぎの場合も短納期が可能です。 お問合わせ、お買い物の際にお預かりしたお客様の個人情報は、最大限の注意をもって管理致します。 のぼりを買うなら|既製品の形以外に加工オプションご用意あります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

既製のぼりを設置するために必要なパーツとは

既製のぼりを立てるためには、最低限、竿と立て台が必要です。初めてのぼりを立てる場合には、設置するために必要な竿と立て台も一緒に購入するようにしましょう。風が強い場合に備えて、転倒や巻き上がりを防止する...

来場促進の最強アイテム!既製のぼり

お店に人を呼び込みたいとき、のぼりは看板以上に効果的なアイテムです。まず第一に、店先にのぼりを立てることで、お店の存在をアピールできます。立地条件がよくない場合でも、のぼりを立てることで気づいてもらい...

既製のぼりを激安価格で入手する方法

近くにのぼりを売っているお店がある場合には、店舗で既製品を購入するのが最速の方法です。のぼりは専門店だけでなく、ホームセンターなどでも売っています。定番デザインしか選べないことが多いですが、買ってすぐ...

社名を入れて使える既製のぼり

豊富なデザインの中からお気に入りののぼりを見つけても、残念ながら既製品には社名は入っていません。しかし、既製品の中には社名などを入れられるものもあります。のぼりの下の方に白くスペースの空いたものは、社...